レース前の取り組み

小学生の女の子とレッスンでした。明日は100m背泳ぎのレースに久しぶりに挑戦ということで、今回は主にレースプランの確認と少しのフォーム修正を行いました。

基本的にレッスンを受講して下さっている方は、どこかしらのスイミングスクールやフィットネスクラブに通っている方が大半です。ジュニアスイマーとなると、場合によっては1コースに大勢の人数で練習している場合があるので、そういった時に自分に合ったレースプランが確認ができるかというと、難しさがあります。

例えば100mのレースにおいて前半からMAXスピードで泳ぐようなことをしたら、後半の体力が持たないことは目に見えてあるので、そういった意味でも自分に合ったレースプランを確認することは大切ですね。

確認事項としては、スタート・ターン後のバサロキックの回数や努力度に対してのスピードやタイムが比例しているか、あとはペース配分といったところです。

フォームについては、あくまでも個人的な意見としてはレース前に大きな変化をつけるようなフォーム修正はするべきではないと考えているので、手の入水とキックの蹴り幅を意識したDrill練習をしながら少しだけ。

理由としては、今までにやってこなかった技術を本番でできる可能性が低いからです。昨日に練習したことを翌日にぶっつけ本番でできるほどレースは甘くないので、そういった意味でも普段の練習での取り組みが重要になってきますね。

それにしても明日はどうなるか。どうかうまくいきますように。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる