#2 平泳ぎを泳げるようになるために

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^

前回はキックを打つときの脚の動かし方についてのお話でした。あとがきにも書いたように、進むキックを打つためには脚を曲げ伸ばしをするときの緩急の付け方や、蹴る時の速さなどのポイントがあります。

ただ、そういったポイントもキックを打つときの脚の動かし方がわからないことにはできないので、平泳ぎを泳げるようにチャレンジされている方は、前回の投稿をよかったら参考にしてみて下さいね。


それでは今回ですが、平泳ぎの手脚のタイミングを合わせるための練習紹介です。

初心者の方によくありがちなことの1つに、海で泳ぐような手と脚を一緒に動かしながら泳ごうとすることが挙げられます。

そうすることによって、泳げないわけではないし間違っているわけでもありませんが、どうせ泳ぐなら、ラクにたくさん進めた方が良いかと考えていますので、今日はその手脚のタイミングについて書いていこうと思います。

目次

顔つけ平泳ぎ

対象

・平泳ぎが泳げない方

・平泳ぎを今よりもよくしたい方

etc…

目的

手脚を動かすタイミングを合わせるために。

練習方法

ポイント

①手を頭上に伸ばしたままキックを打ち、進みましょう。

②進んだら、顔は水につけたまま平泳ぎの手の掻きの一連の動作を行います。

③必ず手を前に伸ばし切ったのを確認してから、①に戻ります。

注意点

・キックをしている最中は1番よく進んでいる時なので、キックを打ち終わって伸びている時までは手を頭上に伸ばしておきましょう。

・手を動かしている時の脚は、まっすぐ伸ばすこと。

・頭上に伸ばしている手を丸く掻いていき、手をまた頭上に伸ばし切るまではキックは打たないようにしましょう。

あとがき

注意点でも書いたように、平泳ぎが1番進む時というのはキックを打って伸びている最中になります。ということは、海で泳ぐような手と脚を一緒に動かすような平泳ぎというのは、キックを打ってこれからたくさん進もうとするタイミングで息つぎをするための手の掻きをしていくわけなので、これでは進み方にもったいないところがあります。

なので、1回でたくさん進めるような効率の良い泳ぎをしようと思ったら、こういった手と脚の動かすタイミングはとても重要なポイントになります。

よく平泳ぎで手脚の動かすタイミングを合わせる練習をする時に、実戦の平泳ぎの中でタイミングを合わせようとして苦戦されていることがよく見受けられましたので、今回はそういったことを解消するための感覚作りの練習の紹介でした。

それではまた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる