8/21(日) 平泳ぎグループレッスン終了報告

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^


先日はイベントで「平泳ぎグループレッスン」を開催しました。


今回は初の試みで、お子さんのみのレッスンでした。

今日はその終了報告として、まとめ記事を書いていこうと思います。


またどこかのタイミングで開催するにあたって、ご検討いただく際の材料にして頂ければ幸いです。

ご参加頂いたメンバーの方

お子さん 4名の方にご参加頂きました。

今回のレッスンの流れ

▪︎12:30〜12:45 ウォーミングアップ

2コースに分かれて、各自自由に泳いで頂きました。



▪︎12:45〜13:00 撮影+映像チェック

50mまでの好きな距離を選択していただき「プールサイド」から1回のみ撮影。

撮影後は撮影した泳ぎを見て頂きながら、修正ポイントと課題を提案しました。



▪︎13:00〜14:30 メインレッスン


2つの部分的な練習を共通で行い、残りの時間は平泳ぎのフォームを指導させて頂きました。

レッスン最後には、変化の記録をするために「プールサイド」「水中(横)」「水中(後)」の3回撮影し、レッスンは終了。



▪︎レッスン後

その日の晩には「撮影した全ての動画」を参加者の皆さまのお手元へ届けることができました。



以上が今回のレッスンの流れでした。


冒頭でも話していたように、今回Studio Swimmyでは初の試みで、お子さんのみのイベントレッスンを開催しました。


大人の方と一緒だと、ちょっと緊張する…

という声を以前に頂いたので、お試しで開催してみた次第です。


感想としては、やはり子どもたちだけだと良い意味で緊張することなく、のびのびとできていたので、よかったなと思いました。


『お母さんたちの見えやすいところで練習する?』の質問に、みんな首を横に振ったのはほんとに笑いましたね 笑


見られていることによって、時にプレッシャーを感じることもあるので、気持ちはよくわかります。

※悪さはしていないので、ご安心下さい。笑


もう1つ気づいたことがあったのですが、普段、選手コースで泳いでいるような子たちは、自分のフォームと向き合う時間が少ないんだなと改めて感じました。


いつもサークルアウトしないように頑張って練習をしているせいか、自分の泳ぎ方に対して考えながら向き合う時間が少ないのでは?

そんな風に思いました。


頑張ることがダメというわけではありません。

ただ、なんでもかんでもガムシャラに泳げばいいというわけでもありません。


子どもたちにも伝えたことですが

たくさん手足を動かして進むのではなく、1回でたくさん進むこと。


だから、速く泳いだときにはもっとたくさん進みやすくなる。


こういったことをレッスンの最後に伝えました。


大人向けに言い換えると、これが「効率良く泳ぐ」ということです。

だからこそ、なんてかんでもガムシャラに泳げばいいというわけではないということですね。


またいつものホームプールでも今回伝えたことにチャレンジしながら、ステップアップを目指してもらえたらと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


レッスンの質問やお問い合わせについてはこちら。

友だち追加




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる