進むキックの確認方法

こんにちは! 関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^

水泳初心者の方に多い悩みの声に「キックがなかなか進みにくい」「自分1人で練習していても進んでいるのかどうかわからない…」という話をよく耳にします。

泳げる方にとってはそういったステップがひとまず済んでいるので、あまり気にならないところですが、初心者の方にとっては「体が沈まないようにすること」や「息つぎをスムーズにできるようになるため」には欠かせない要素になってきます。

キックのフォームを変えるという手段もありますが、自分1人でそういった変化に気づきにくい場合だと、修正をすることがなかなか難しくなります。

今日はそういった悩みがある方向けに、自分1人で進むキックが確認できる練習方法の紹介をしていきたいと思います。

目次

壁キック

目的

進むキックを打てているかどうか確認するため

練習方法

練習するにあたってのポイント

両手を動画のように隙間ができないよう壁につけます。そのときに、壁を押すような形で腕を曲げましょう。
※体が浮きやすくキレイな姿勢作りをするためです

そこまでできたら、早速浮いてみてキックをしてみて下さい。進むキックを打てていたら、手のひらは壁から全く離れずに泳げます。反対に、進むキックが打てていなかったら、手と壁の間に隙間ができたり、手が壁から離れてしまったりするかと思います。

手が壁から離れずにキックを打てているということは、それだけ進行方向にキックを打てていている証拠になります。そのときに体も浮いていたらより良いですね。

手と壁に隙間ができたり、手が壁から離れてしまった方は、それだけキックをすることによって自分の体を進ませる要素が少なく、ただ体を浮かせるだけの要素が強い可能性があります。

なので、最初のうちはキックの強度を変えてみたり、進むような打ち方に変えてみたりと調整してチャレンジしてみて下さい。

あとがき

1人で練習をする中で、より効率的に目的を達成しようと思うと、自分でできているかどうかの判断がしやすい目安が必要になります。競泳の場合だと、それがタイムであったり手を回す回数であったりとします。

進むキックを打てているかどうかを確認するにはこういった練習方法で1つの目安を作れるので、気になった方はぜひチャレンジしてみて下さいね。

それではまた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 進むキックの確認…やってみました。
    壁から離れることなく、進むキックは打てているようです。
    普段のキック練習で、私よりも進みが遅い(50mで5秒差)人がいます。ところが…フィンをつけると、私よりも速い(50mで2秒差)のです。
    フィンをつけたキック練習では、蹴り方を変えるのでしょうか?

    • 実際に練習風景を見ていないので明言はできないですが、どの練習の際もキックの打ち方は基本的には変わりません。
      苦手な動作に対して道具使うことによってアシストされた結果、キックの打ち方が良い意味で変わることはあるかと思います。
      あくまでも、どの練習も実際の泳ぎのパフォーマンスを上げるための練習なので、練習のためのキックの打ち方にはならないよう気をつける必要があると考えます。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる