平泳ぎ専用足パドル 個人レビュー

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^

先日にインスタグラムのストリーズ内で、平泳ぎ専用足パドルの使用感について少し感想を書きました。

今回はブログ内でも個人レビューとして、使用感やどういった方に良いかなど書いていこうと思います。

平泳ぎ専用足パドルってどんなものなの?

他のメーカーさんでもこういったものを取り扱っているかは分かりませんが、今回僕が購入したのはニューレヴェルさんの商品になります。


一応リンクも貼っておきますので、気になる方は覗いてみて下さいね。

https://newlevel.official.ec/items/21009445


装着するとこんな感じで


装着しながら泳ぐと、こんな感じです。

使用感について

あくまでも個人的な感想になりますが、足を引きつけて蹴るときに装着部分となる足裏で水を捉える感覚がわかりやすかったです。

当然自分の中では、今考えるベターな方法で泳いでいるつもりでしたが、より水を捉えるためには思っているよりもこのタイミングでこーしてとか、蹴るときにはあーしてと新しい発見でした。

あとは、なりより足の引きつけ動作のときに水の抵抗を減らす意識がしやすかったです。

足部に抵抗がかかるような足の引き方をしてしまうと、スムーズに足を引きつけることができないので、そういった意味で足パドルの活用はいつもと違う気づきがあり収穫でした。

どういった方におすすめ?

泳げる方はもちろん、初心者の方にもおすすめだなと感じました。

水泳初心者の方のほとんどは、キックをするときにバタバタといった上下運動のキックで水の捉え方や蹴り方を覚えていくことが多いかと思います。

なので、平泳ぎのキックのような横の動きのキックをするとなると、やはり最初のうちは難しさを感じる傾向があります。

そういったときに、このパドルを使って水を蹴る感覚を養うのは、良い練習方法の1つになるかと考えます。

使うときに気をつけた方がいいと思うこと

現在、思いつくあたりを書いてみました。

▪︎壁を強く蹴ってスタートはしない方がいい
→パドルにキズができたり、強く圧をかけすぎると割れてしまう可能性があるかなと。

▪︎蹴る力を少しずつ加えながら蹴るようにする
→パドルを使うということは、いつもより強い負荷が体にかかります。特に膝に負担がかかりやすいフォームで蹴るとなると、ケガに繋がる可能性があるので注意が必要です。

◾︎そもそも使う機会が少ない
→こういった硬い素材の道具の使用が可能なプールは限られています。なので、購入する際は使用する頻度も視野にご検討を。

あとがき

今回は練習道具についての個人レビューとして、色々と書いてみました。

僕自身も新しい練習道具を買おうとするときには、購入した人の感想だったり、動画で実際の使用感はどんな感じなんだろうと、めちゃくちゃ見漁ります。失敗した買い物にはなりたくないんで必死ですね 笑

それにしても、最近は知らない間にどんどん新しいアイテムが増えてきて、水泳好きにとってはすごく興味がそそられます。

また何か新しく買い揃えたら、レビューを書いてみようかなと。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる