クイックターン 壁をしっかり蹴るためのポイント

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^

先日はチーム主催の練習会にコーチとして参加してきました。

今回はレッスンの際に話していたポイントの1つをシェアしたいと思います。

壁をしっかり蹴るためのポイント

壁をしっかり蹴るためのポイントとして今回お伝えするのは、回っている最中の姿勢になります。

まずは下のターン動画を見てみましょう。

結論から話すと、ここでポイントになるのは、回り切るまで股関節や膝をしっかり畳んだ状態をできるだけキープすることです。

これがなぜ大事になるかというと、壁を蹴るときの姿勢というのは先ほどお伝えしたポイントを含めたフォームで蹴るからこそ、力強く壁を蹴る動作に繋がるからです。

例えばですが、普段行っている水中からのスタートを思い出してみて下さい。

ちなみに僕の場合だとこんな感じです。


このときのスタートをする前の姿勢ですが、股関節や膝がしっかり曲がっていることがわかります。

ということは、クイックターンの時も回った後の向きや姿勢の取り方は違えど、普段行っている水中スタートのような脚の曲げ方ができないと、しっかり壁を蹴ることが難しくなるということです。

なので、回っている最中からできるだけ脚を畳んで回り切った後の壁を蹴る動作に備えることで、しっかり壁を蹴ることに繋がる可能性が高くなるかもしれませんよというお話でした。

あとがき

参加者の方からの質問の中に「回った後の壁が蹴りにくいのはどうして?」とのお声があり、今回はその話のシェアとして記事を書いてみました。

他にも壁をしっかり蹴れない理由として、回ったときの足と壁との距離が遠すぎたり、回った後の姿勢が壁を蹴りにくいポジションであった などが挙げられるかと思います。

今回の場合だと、回っている最中の姿勢に問題があったので、壁を上手く蹴れなかったとのことでした。

何かがうまくいかないときというのは、その時ではなくて、その前に何かうまくいかない原因がある場合もあるので、そういった観点を持って見直しすることも改善の糸口に繋がりやすいかと思います。

何かご参考になれば幸いです。

【フォーム撮影会 受付中】
詳細・お申し込みは「トップページ」→「お知らせ」から

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる