横向きスタートで壁をしっかり蹴って進もう!

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスンStudio Swimmyの板東です^ ^


ターンの時になると、なんでか壁を蹴ってもあんまり進まない。

こんな風に思ったことありませんか?


もしかしたらそれは、壁を蹴るときの姿勢や深さが問題かもしれません。

昨日のQ&Aの記事内でも伝えましたが、良くも悪くも続けてきたことは身につきやすくなります。


両足を揃えてしっかり壁を蹴っていつも練習できている人は、よく進みやすいと思いますし

テキトーにいつも足先だけで蹴るようなやり方になってしまっている人は、それで進むのはさすがにちょっと難しいかもなーとも思います。


そういった意味で、今の自分の泳ぎはこれまでの“積み重ね”からできているわけです。


いつも思うような進み方をするには、それだけ良い壁の蹴り方を反復することが大事になります。


今回はターン後に壁を蹴ってよく進めるようになりたい方向けに、習得のために必要な段階的練習について話していきたいと思います。

目次

横向きスタートで蹴りやすさをチェック

クイックターンは「回りながら体を捻る→壁を蹴る」という流れで行うテクニックになりますが

ここでポイントになるのが、どんな姿勢や深さだったら自分はしっかり壁が蹴りやすいのか?


ここをまずは知る必要があります。


そのためには回った後の壁を蹴る部分を想定した横向きスタートがオススメです。


・壁を蹴る前の姿勢はまっすぐできているのか

・足はちゃんと揃えているのか

・壁はちゃんと蹴れているのか

・水中でまっすぐ進めているのか


こういったポイントを1つでも疎かにすると、その分進み方というのは欠けやすくなります。

でも反対に押さえておきたいポイントのスコアが高いほど、伸び進むことに繋がりやすくなります。


回った後にどうすればいいのか、もう訳わかんねぇ…って方ほど、1度こんな練習を取り入れてもいいかもしれないですね。

落ち着いて取り組みやすいし、良いと思います。


それに、回った後はこんな風に横向きになってスタートするのか!って目標ができると、実際のクイックターンも同じようにできるか目指しやすくなりますよね。

そんな意味も込めて、横向きスタートはオススメです。


壁を蹴ってうまく伸び進むことが難しい方ほど、伸びるための1つの練習として取り入れてみてはいかがでしょうか?

実際のクイックターンでチャレンジ!

横向きスタートで壁の蹴り方や水中での進み方を確認したら、後は実際のクイックターンで練習です。


先ほどにも話したように、横向きスタートで回った後の壁を蹴る時の姿勢はこんな風になるという目標を作ったので、あとはその目標を目指してチャレンジしてみましょう。


壁を蹴る時のスタートと言えば、顔を下に向けて行うスタートが一般的です。

ですが、ターンの時に行う壁の蹴り方を習得したい場合は、今回紹介したような練習も必要です。

下向きのスタートばかりでは、クイックターンの時のような応用も効きにくくなってしまいますからね。


ターン後に壁を蹴ってよく進めるようになりたい方は、こういったところを見直してみるのもアリだと思いますよ。

PR

Studio Swimmyのレッスンでは、目標達成のために小さなステップから始めていき、そして大きな目標に繋がるよう心がけて進めています。


料理もしたことがない人に、いきなりスープやサラダ、メイン料理を作ってみろ!と言われても、無理な話ですよね。

水泳も同じく、いきなりクロールや平泳ぎを泳げるようになろうとすることは難しいです。


なので1つずつ部分的にでも丁寧に確実にできるようになった方が、その方が遠回りに見えて実は効率的だと思っています。

キッズスイミングスクールの進級テストが細かく基準が分類されているのも、そのような背景があるかもしれないですね。


ですが、それに比べてプライベートレッスンではスイミングスクールのようにグループではなく、個人に合わせたステップで進めていきます。

そのため、より確実に今よりもステップアップがしやすいことが魅力です。

この機会に目標までの最短ルートを知って、近道してみませんか?


お問い合わせはこちら。

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる