本人の視点と客観的な視点

こんばんは。関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^


クイックターンをするときに『回っている最中にごちゃごちゃして、もうどうなってるかわからへん!!』って思ったことありませんか?

初心者の方によく多い傾向ですが、回っている最中に景色が目まぐるしく変わる関係で、自分のイメージと体の動きがついてこないということがよくあります。

当然練習次第で、体の動きに対して見える景色の変化には慣れてきます。

ただ、それまでの過程で鼻に水が入って痛い思いをしたり、練習しすぎて目が回ったりと、その分辛い思いをするのもできるだけ避けたいですよね…。

習得のためには、そういった道を通ることは仕方がないとわかっていても、通らなくて済むのであればできるだけ通りたくないものです。


そこで今回はクイックターンの成功率を高めるために、回る時の動きのイメージ作りをポイントとした記事を書いてみました。

本人の視点と客観的視点

なるべく早い段階で目的としている動作を習得をするためには、その動作のイメージを掴むことは大事だと考えています。

下の「本人の視点」「客観的な視点」が合わさったクイックターンの動画を見てみましょう。

「本人の視点」はヘッドギアを装着した視点になるので、目線よりも高い位置の視点にはなりますが、クイックターンをしている本人にはこのような景色が見えています。


あくまでも一例にはなりますが、この動画を見て

『思っているよりも体と壁との距離感を近くしないといけないなぁ』

『だいたいこのタイミングで体がひねるようになるんだな』

と、感じた方は、まだまだ改善の余地があるかと思いますので、ぜひいつものプールでお試しを。


誰かの泳ぎを参考にするときに、客観的に見るのも当然色んな気づきがありますが、こうやって本人の視点も併せて見てみるのも、また面白いですよね。

泳いでいる本人も『こんな風になってるんや!』と感心しています 笑



今回はこのあたりで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【今後に開催予定のイベント情報】

▪︎5/8(日) 飛び込みグループレッスン
https://studioswimmy.com/202205dive-event/ ※あと1名様まで

▪︎5/21(土) 飛び込みグループレッスン

▪︎5/29(日)クロールグループレッスン

※受付終了はしました。



グループレッスン情報は公式LINEから受け取りも可能です!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる