ラクに泳ぐためのキックの考え方

あけましておめでとうございます!関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^

新年を迎え、新たな気持ちで目標に向かうことが多い時期ですね。そんな気持ちに僕もお応えができるよう、今年も変わらず精進していきたいと思います。

新年1つ目は、クロールでラクに泳ぐためのキックの考え方についての記事になります。

今回の記事がおすすめな方

▪︎クロールをラクに泳げるようになりたい方

▪︎キックをあまり打たない泳ぎ方をしたい方

▪︎どういう練習をすればいいかわからない方

など

ラクに泳ぐためのキックの考え方

まず前提として、キックを打ちながらクロールを泳げるようになった方が踏みやすいステップとなります。

クロールを泳げるようになるための段階では、キックをリズム良くたくさん打ちながら泳ぐことが多いかと思いますが、このたくさんキックを打つ必要がある理由の1つに「体が沈まないようにするための浮力を得るため」が挙げられます。

体をローリングをさせながら手脚を動かしていく慣れの部分の経験値の違いが主に大きいかと思われます。

しかしこれを言い換えると、キックを打つ理由が「体が沈まないようにするため」であれば、そもそも「浮きやすい姿勢や体」ができていれば、あまりキックを打たなくても良い方法で泳ぐことに繋がりやすいということです。

プルブイを使った「キック」に頼らないクロール練習

先ほどのお話を踏まえて、練習方法の紹介になります。

プルブイを使った「キック」に頼らないクロール練習です。

プルブイを脚に挟むことによって下半身に浮力を得ることができます。そのため、体でバランスを取りながら泳ぐことに意識がしやすくなります。

ただ、初めてこの練習にチャレンジされる方に多い傾向として、体でバランスを取ることが難しいせいで、どうしても動きがぎこちなくなってしまいがちになってしまいます。

なので動画のように、まずは息つぎをせずに泳ぐことからおすすめします。

ご参考になれば幸いです。


【1月クロールグループレッスン 受付中】

↓詳細やお申し込みはこちらから↓

https://studioswimmy.com/202201crawl/

※現在あと1名様のみお申し込みが可能です

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる