滑らかなうねりはワカメのように

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスンStudio Swimmyの板東です^ ^

皆さんはバタフライを泳げるようになるために、何から練習を始めますか?

聞いておいてあれですが、必ずコレが正解だ!というものは特にありません。

ですが、やはりバタフライはうねりを使った泳ぎ方なので、メインの動きとなる「うねり」の練習から始めることが良いのでは?と個人的には考えています。

手の動きも足の動きも全て、体の「うねり」に合わせて動かしていきますからね。

このうねりがキレイにできればできるほど、伸びのある余裕を持ったバタフライに繋がりやすくなります。

今回はそのための第一歩として、初心者の方向けに「うねり」について話していきたいと思います。

目次

そもそも”うねり”ってなに?

バタフライにおいてのうねりとは、体の上部から順番に丸めたり反らせたりする動きのことです。

バタフライは常に一定のリズムを保ちながら、うねり続けて泳ぐことが特徴です。

こうした動きをバタフライの基本動作とし、この体の使い方を土台に、リズムに合わせてキックや手を回していくという流れに繋がっていきます。

この後にお話する部分的な練習方法も、基本となるうねりの動作の習得には欠かせない要素です。

キレイにできればできるほど、今後のステップの中で、大いに役立つこと間違いないですよ。

うねり習得のためのオススメ練習

ワカメ」という名前のうねりの練習です。

気をつけ姿勢で頭から順番にうねうねしながらリズムよく泳ぐ練習方法になります。

見本では、動きをわかりやすくするために大きく行なっていますが、考え方としては大は小を兼ねます。

小さな動きから始めるよりも、体がどのように動いているのかを知るために、極端に大きく動かすことから始めるといいかもしれないですね。

うねりに苦戦している方ほど、進まないからといって、力技で体をうねらそうとしがちになるので注意が必要です。

あくまでも体の動きを確認するための練習なので、うまくいかなかったらいったん止めて、またトライしてみましょう。

まとめ: うねりはできていて損はない

バタフライをこれからチャレンジしようと考えている方は、うねりを使ったバタフライを必ず覚えていくようにしましょう。

なぜなら

・伸び進みたい

・キレイに泳ぎたい

・ステップアップしたい

こんな時には必ず必要になってくるからです。

そして、そのための第一歩として、リズム良くうねるための練習の「ワカメ」をやってみましょう。

初心者な方ほど、まっさらのスポンジのように良い動きを覚えやすいボーナス期間です。

練習方法やポイントをしっかり押さえれば、この後のステップもどんどん駆け上がりやすくなるので、基本を大事にやりこんでみて下さいね。

PR: 12月グループレッスン受付中

今年最後のグループレッスンイベントです。

より良いフォームを習得するためのフォーム修正がメインのレッスンとなります。

この機会に良い泳ぎを身につけて、気分良く年を越してみませんか?

皆さまのご参加をお待ちしております。


▪︎12/4(日) バタフライグループレッスン
https://studioswimmy.com/20221206buttefly-event/ ※あと3名様まで


▪︎12/18(日) 背泳ぎグループレッスン
https://studioswimmy.com/20221218back-event/ ※あと2名様まで


毎月定期開催のグループレッスン情報はこちらからお届け。

友だち追加



合わせて読みたい

当ブログで無料公開されている「バタフライ」に関する記事一覧はこちら。

あわせて読みたい
「イルカ飛び」で水中の伸び方を学ぼう こんにちは!関西・大阪 水泳個別レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^ 以前に「うねり」を習得するための導入練習について、記事を書きました。https://studioswimmy.c...
あわせて読みたい
息つぎをするときに打つキックのポイント こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^ バタフライのキックには、手を水中へ入水するタイミングで打つキックと息つぎをするタイミング...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる