伸びと速さを使い分けてゆったり泳ごう

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスンStudio Swimmyの板東です^ ^


『ゆったりとした背泳ぎを泳ぎたい』

『ずーっとラクに泳ぎ続けるようになりたい』


こんなときにする背泳ぎというのは、手数を増やして、たくさんぐるぐる回すような泳ぎ方ではないですよね。


ぐるぐる回すということはつまり、伸びが少ない泳ぎ方のこと。

ということは、反対に伸びの部分を作るような手の回し方が、今回の話のキーポイントというわけです。


初心者に近い方ほど、手数を増やさないと進まないという考えに陥りやすい傾向なので、気をつけてほしいポイントの1つでもあります。


今回は、ゆったりとした背泳ぎをしたい方向けに「伸びと速さを使い分けてゆったり泳ごう」をテーマに書いていきたいと思います。

目次

伸びと速さの使い分け

ゆったりとした背泳ぎを習得するためのステップとして、手の入れ替える速さをゆっくり行う背泳ぎをおすすめします。


泳ぐにあたってのポイントは2つです。

①手を入れ替えるスピードをゆっくり行うこと。

②手を入れ替えた後は、片手を上げた状態のままキックをして少し進むこと。

この①と②のポイントを交互に行うことが、今回のテーマでは重要になります。


「ゆったりと」

「伸びのある」


こういった部分を泳ぎの中で作るためには、まず手の回し方をゆっくりする必要があります。

今回の話に出てくる「速さ」とはつまり、手の回し方の速さということですね。

速く回すと慌ただしくなって、そもそもゆったりできないし、伸びることも難しくなりますからね。


『でも手をゆっくり回すと、進まないんじゃないの?』


と、思う方もいるかもしれないですが、むしろ丁寧に水を押せて進みやすいかもしれないですよ。



続けて、もう1つ。

手を入れ替えた後は、すぐにまた手を入れ替えようと回さないようにすること


例えとして、よく背泳ぎはクロールの反対バージョンと言われることがあるのですが、その中でもイメージとして参考にしてほしいところがあります。

それは、手を伸ばしている時間を作っているところです。

クロールを泳ぐ時って、動画のように回した片手をぐるっと一周するまで待っているから、そのときにスケートのようにスーッと伸び進むことができます。


背泳ぎも同じように、伸びの部分を作ろうと思うと、手を入れ替えた後はすぐに回さない


ちゃんと片手を上げたまま待つことも大事になるということです。


こういったポイントを押さえていくことによって、伸びのある泳ぎ方を習得しやすくなると考えています。

もちろん、これだけが全てではありませんが、もし心当たりがある方は試してみる価値はあるかもしれません。



今回の記事も何かご参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。







【今後に開催予定のグループレッスン】

▪︎7/17(日) クロールグループレッスン
https://studioswimmy.com/20220717crawl-event/ ※あと1名様まで






グループレッスン情報は毎月定期的に公式LINEへ配信中です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる