#1 背泳ぎを泳げるようになるために

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^

今回から背泳ぎについても何回かに分けて、泳げるようになるために必要なポイントなどを書いていこうと思います。
発信する内容については、初心者向けで背浮きができることを前提に話を進めていきます。子どもが泳げるようになるためのステップとしても参考になるのではないかと思うので、よかったら参考にしてみて下さいね!

それではいきましょう。

目次

気をつけキック

対象

・大人・子ども問わず背泳ぎを泳げない方

・背泳ぎを泳げるけど、今よりもより良くしたい方

目的

・体を浮かしながら進むことを覚えるため

・キックの打ち方やリズムを覚えるため

etc…

練習方法

ポイント

①きれいな姿勢を作りながら泳ぐために、キックをしている時の顔は常に真上を向くようにしましょう。

②体が沈まないようにするために、おへそあたりはできるだけ水面近くへキープすること。

③効率よく進むために足先でジャグジーの泡を作るようなイメージを持って水面でキックしましょう。

注意点

・顎を上げたり下げたりするような姿勢になると、体が反ったり丸まったりして沈みやすい原因になりやすいです。

・おへそが水面近くにないと、体が沈みがちになっているということです。体が浮いているか沈んでいるかの目安になります。

・足先が水上に出すぎてしまうと体は沈みやすくなり、反対に足先が水面にないと下半身が沈みがちになっている可能性があります。なので、胴体の真後ろできれいにキックをするためにも水面でキックをするようにしましょう。

あとがき

このシリーズでは体を左右に回転するようなローリング動作や、ややこしい手の掻きなど、難しいことはほんとに省いた入門の背泳ぎをお伝えしていく予定です。背泳ぎのローリングは特に難易度が高くなるので、こういったテクニックを使って泳ぎたい場合は、まずはそういったテクニックを使わずにでも泳げるように土台を作ってから、チャレンジした方がスムーズかと思います。

今回お伝えしたキックについては欲張っていっぱい進もうとせず、まずは体が浮いてちょっとでも進めるようになったらOKなので、無理に頑張りすぎないように気をつけましょう。

それではまた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる