本人視点のクイックターン

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスンStudio Swimmyの板東です^ ^


『回ってる時って、もう自分がどこにいるのかわからなくなる!』


こんな風に思ったこと、ありませんか?


回るのが苦手な人ほど、勢いをつけて回ろうとするので

『なんかよくわからないけど、気がついたらもう回ってた!』

なんてこと、あったりします 笑


ターンに限らず、基本的にはどの泳ぎ方も『こんな風にやるんだよー』と、見本を見せてもらいながらレクチャーを受けることがほとんどです。


客観的に見て

『あーなるほど、こんな風にしないといけないのか』

と、感じ取る。そして実践していく。


ただ、その時にうまくできている人の視点を少しでも共有できると、イメージがより膨らみやすいんじゃないかなと考えています。


そこで今回は、クイックターンに苦戦している方向けに「本人視点のクイックターン」をテーマに書いていきたいと思います。

目次

本人視点のクイックターン

まずターンをきっちり行うためには、前提で浮いた姿勢から回れることが必須になります。

回ることが難しい方は、まずは回れるようにチャレンジしてみて下さいね。


本人視点のクイックターンの動画はこちら。


キレイに回るためには距離感を合わせることも大事ですが、回った後にどこを見るのか?

こういったことも大事だと考えています。


これについては、回った後の目線は水面を見続けるようにした方が良いと思っています。

そうすると、壁を蹴った後にきちんと水中でまっすぐ伸びやすくなるからです。


よく多いことですが

『回った後に鼻に水が入りたくないから…』

『息苦しいから、早く上がりたい…』


そんな気持ちからアゴを引きすぎたり、そもそも壁を蹴る前の段階から体が丸まっていたりすることって、ほんとよく多いんですよね。。

気持ちはわからなくもないですが、ただそれをしてしまうと、水中でうまく伸び進むことが難しくなります。


そもそも、壁を蹴るときの段階で体が丸まってしまうと、すぐに浮き上がりやすくなってしまうので、あまりおすすめはできません。


ターン後の壁を蹴る動作も最初に行うスタートのように、水中でまっすぐ進むことができるからこそ、その後の泳ぎに気持ちよく繋げることができます。

なので、少しでもカッコよくキレイにターンを決めたい方は、今回お伝えしたようなポイントもチャレンジしてみるといいかもしれないですよ。


何かご参考になれば幸いです。



p.s

数年前のものですが、以前に日刊スポーツさんのYouTube内で「アスリートの視点」という面白い動画を見つけました。

下の動画は競泳の長谷川 涼香 選手が泳いでいるものです。


これ見てると、選手ってこんな速さで泳いでるんだ!ドビウオみたいだな!笑

ってめちゃくちゃ思いますよ。


それぐらい迫力満載の動画になってます。

お暇なときによかったら覗いてみて下さいね。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




泳ぎの悩みやご相談についてはこちらから。

お気軽にどうぞお待ちしております。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ja.png
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる