#1 バタフライを泳げるようになるために

こんにちは!関西・大阪の水泳個別レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^

以前にブログでお伝えしたように、インスタグラムで投稿しているものをブログ内でも投稿していこうと思います。もちろんインスタグラムの方でも更新はしていきますが、見やすさの観点からブログの方を中心にあーだこーだと色々書いていこうかなと。

さて、今日はバタフライを泳げるようになるためにということで、泳げるようになるためには欠かせない基本動作のうねりの練習の紹介です。

目次

イルカ飛び (プールの底をタッチ)

対象

・バタフライを泳げない方

・バタフライを今よりもより良くしたい方

目的

・体を丸めたり、反らせたりすることを覚えるため

・潜ること、潜った分に対して上に上がることとはどんな感じなのかを掴むため

etc…

練習方法

ポイント

①顔を水につけてからプールの底に向かってジャンプする

②手がプールの底にタッチするまで、顔はずっと後ろを見ること ※逆立ちをするつもりでやった方がわかりやすいかもしれないですね

③前に伸ばしている手をプールの底にタッチした後は、顔を前に向けて体をゆっくり反らせていくことと、手を後ろにスライドさせることを同時に行う

④上に上がる時は、頭から水面に出るように上がる

注意点

・プールの底をタッチするときに自分の手が見えていると、これは頭が上がっている証拠なのでキレイに潜るための姿勢が取りづらくなります。

・潜ろうとするときに潜れないからといって勢いよくやりすぎると、手をプールの底にぶつけてケガをする可能性があるので気をつけて下さい。

・プールの底をタッチした後に手でプールの底を押して勢いよく上に上がろうとすると、体がVの字のようになり、体全体でキレイに放物線を描くことができません。なので、体全体でUの字を描くように優しく上に上がろうとして下さい。

あとがき

久しぶりに練習の紹介を書いていきましたが、感想としてはやっぱりこっちの方が書きやすいですね 笑
なので、ひとまずこのスタイルで続けていこうかなと思います。

イルカ飛びのポイントについては、①から順番に試して見て下さいね!基本動作がちゃんとできないと、今後ステップアップをしたときにうまくできない原因に繋がる可能性もありますので。焦らず、1つずつチャレンジしていきましょう。

それではまた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる