【入門編】初心者がまず乗り越えないといけない壁とは?

これから大会や記録会を目指して、飛び込み台を使ったスタート練習をしてみよう!

そんなチャレンジ精神に溢れている初心者の方が、まず乗り越えないといけない壁。

それは“恐怖心”です。


こんにちは。Studio Swimmyの板東です^ ^

早速ですが、なぜ恐怖心という壁を乗り越えないといけないのか?

今回はその理由と解決策について話していきたいと思います。

目次

恐怖心という壁は”アレ”から作られている

恐怖心という壁は何から作られているのか?

まずはなんといっても「高さ」です。

単純に水面からスタート台の高さ+自分の身長分だけ高さを感じるわけなので、高いところが苦手な方は足がすくみやすくなります。


そして、特に怖さを感じる要素がもう1つ。

高さのあるところから「水の中へ飛び込んでいく」ということ。

これが最初は何より怖さを感じる部分だと思います。

バンジージャンプのように頭を逆さにして飛び込むような体験って、基本的にはないですからね 笑

競泳ならではのテクニックだと思います。

パッと見た感じは、ちょっと高いところからジャンプするだけじゃん?って思うかもしれないですが、台の上に立ってみると、これが思いのほか高さがあると感じるんですよ。

(これまでの経験上の話)

高いところが平気な方にとってはどうってことない話ですが、苦手な方にとっては大問題。

飛び込みをキレイにカッコよく行うためには、こういったことを乗り越えないといけないんだなと、思って頂けたらと。

恐怖心を乗り越えてほしいワケ

恐怖心を乗り越えてほしい理由としては、これをクリアしないことには

カッコいい飛び込み方や遠くへ飛ぼうとすることができないから

これに尽きます。

恐怖心があると、どうしてもできることが限られてくるんですよね。。

なので、ここはなんとしてでも乗り越えたいところ。

泳ぎに勢いをつけるためにも、やはり飛び込むときには『ええい!』と思い切りがほしいものです。


反対に吊り橋を渡るかのように体がすくんでオドオドしているようでは、このような飛び方になりがちです。


誰だってチャレンジするからには、少しでもキレイにカッコよく飛びたいもの。

慣れるまではたしかにうまくいかないこともあるかもしれないですが、あくまでも慣れるまでの話です。

少しずつ自信がついてきたら、今までつきまとっていた恐怖心という背後霊も自然といなくなるので、自分の気持ちに負けずに挑んでほしいですね。

乗り越えた先にはどんどん自信を持ってチャレンジできる自分が待っていますよ。

簡単なステップから始めることが近道

恐怖心という壁の正体がわかった!

乗り越えないといけない理由もなるほどね〜。

よし、じゃあ早速やってみよー!

と言われても、高いところが苦手な方にとっては難しい話です。


なのでここは『これならできそうかも?』と思えるところから始めるのが得策です。

下にいくつか練習方法を載せましたので、よかったら参考にしてみて下さいね。

立ち幅跳びでジャンプ

頭が逆さになるよう飛ぶのは怖い。

でも、足からならいけるかも?という方はこのような練習で飛んでみるのがおすすめ。

体全身を使って飛ぶということをここで学びましょう。

最初は遠くに飛ばなくて大丈夫です。下へ落ちるように小さくジャンプから始めてもいいと思います。

でも慣れてきたら動画のように思いっきり飛んで見て下さいね。

飛び込みにジャンプ力は必須です。

小さく構えて水の中へ

頭が逆さになるようちょっとチャレンジしてみよかな?と自信がついてきた方は、こういった練習で自信をさらにつけてみましょう。


頭はけのびを姿勢を作って、水の中に入りやすいようにすること。

まずは飛ばずに水の中へ”落ちるように入ること”で、恐怖心を少し和らげることができます。

さらに自信がついて慣れてきたら、勇気を持って飛んでチャレンジしてみましょう。

まとめ: 数をこなして慣れていくしかない

恐怖心を乗り越えるためには、最終的に数をこなして慣れていく必要があります。

ただ間違ってはいけないのは、気持ちに無理をしてまで高いところから飛べばいいというわけではありません。

今の自分に合ったステップで、数を重ねて慣れていくこと

野菜が苦手な子どもには大きさを小さくカットしたり、味付けをして食べやすくしてみたりして『これなら食べてもらえるかな?』と工夫をしますよね?

飛び込みもそれと同じように「今の自分に合わせたステップ」でちゃんと練習をしていくからこそ、最後には自信を持って飛びやすくなります。

無理せず、自分のできそうなことからチャレンジしてみて下さいね。


P.S

Instagramの投稿をリニューアルしました。

以前より見やすくなったはず?なので、そちらもよかったら参考にしてみて下さい!

https://instagram.com/p/Ckjm7pDyT1p/

泳ぎに関することや考え方、たまにプライベートのことだったり載せています。

ブログは短い文章では伝えにくいところをしっかり伝えるために。

Instagramでは、手軽に素早く情報を伝えるために。

それぞれの良いところをしっかり活用しながら、少しでも身近に感じて頂ければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる