正面から見たバタフライでイメージ作り

こんにちは!関西・大阪の水泳個人レッスン Studio Swimmyの板東です^ ^

泳ぎのイメージを掴むためには、あらゆる角度から見た方がより具体的にどんな風に泳げばよいのかイメージが掴みやすいかと思います。

今回は息つぎをする際の泳ぎのイメージを掴むために「正面から見たバタフライ」の動画を載せました。大きくうねりを使った基本のバタフライの動画になります。どこかご参考になれば幸いです。

今回の記事がおすすめな方

▪︎息つぎが難しい方

▪︎顔をどのタイミングであげていくのかわからない方

▪︎手で水を押すタイミングがわからない方

▪︎バタフライのイメージを作りたい方

など

「正面から見たバタフライ」で分かること

-バタフライ 見本例-

水中で顔を上げ下げをしているタイミング

手で水を押していくタイミング

息つぎ後の顔の着水するタイミングや入水姿勢

個人のレベルや段階によって着眼点が変わるかと思いますが、主にこういったところがわかりやすいかと思います。

個人的な感想だと、水を押していく両手の軌道に左右差があるのが気になりましたね。まだまだ伸びしろだらけです。

こういった左右差は、横から見ると同じように動かしているように見えますが、見る角度を変えると明らかに差があるという”気づき”があります。

良いフォーム作りをするためには1つの角度から判断するより、色んな角度から判断をした方がベターな答えを導き出せるのではと思っています。

あとがき

自分の泳ぎをきちんと修正しようと思うと、まずは現在の自分の泳ぎを知る必要があると考えます。

現在地を知っているからこそ、それからのフォーム修正のためのプランが立てやすくなります。遠回りをして気づくときもあるかと思いますが、そういった部分はできるだけ省きたいところです。

貴重な時間をできる限り有効活用していきたいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる